IMG_2456.jpg

 診療科目 

内科外科問わず幅広い診療が可能です。 救急専門医の視点で緊急性があると判断した場合は、迅速かつ適切な対応を行います。 より専門的な治療を要する場合は大学病院などの医療機関と連携し、患者さまがご安心できるようなサポートを整えています。

 

内科

・生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症)

・在宅酸素療法(人工呼吸器管理) 

・疼痛コントロール(がん、慢性疼痛、鎮痛・鎮静薬の持続点滴)

・栄養指導(経管栄養、中心静脈栄養) 

・予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌、B型肝炎など)

・不眠症 

・睡眠時無呼吸症候群

・感染症(肺炎/尿路感染症/蜂窩織炎/帯状疱疹/腸炎など)

 

外科※ 管理に関するトラブル対応可

・気切孔管理(チューブ交換)

・人工肛門管理(ストーマ交換、ストーマケア) 

・胃瘻管理(PEG交換) 

・中心静脈(点滴、CVポート管理、PICC挿入

・胸水や腹水のドレナージ(穿刺、留置、抜去) 

・膀胱留置カテーテル(交換、膀胱洗浄)

・術後創傷管理(胸腹部外科、陰圧閉鎖療法)

​・末梢神経ブロック

 

皮膚科

・陰圧閉鎖療法(褥瘡、熱傷) 

・スキンケア 

・糖尿病性足壊疽

・小外科処置(粉瘤、ウオノメ、巻き爪、擦り傷、切り傷、打撲)

 

アレルギー

・アレルギー検査 

・舌下免疫療法(花粉症、ダニ)

 

​緩和ケア

・末期がんと診断された患者様の自宅療養

・意思決定(リビングウィル)の支援 

・精神面のケア 

・疼痛コントロール(鎮痛・鎮静薬の持続投与管理)

・介護保険の申請や見直し

​・ご家族さまに対する支援